原稿を覚える自信がない場合はどうすればいいか

結婚

原稿を覚える自信がない場合はどうすればいいか

披露宴で読むスピーチをなんとか完成させたはいいが、覚える自信がないと言う人は多いです。
自信がないまま本番に臨んでも余計に緊張し、うまくいかないでしょう。
原稿を覚える自信がない場合は、小さな紙にスピーチの内容を箇条書きし、ポケットに忍ばせておくことです。
メモを見ればいいと言う余裕が生まれ、意外とスラスラ言葉が出てきます。
メモだけでは不安な人は、堂々と原稿を読むことです。
原稿を見ながら披露宴のスピーチをするのはマナー違反ではありません。
読む前に一言、緊張してうまく話せないので原稿を読ませていただきますと断りを入れるといいでしょう。
原稿を読みながらだと、終始目線を落としがちです。
それでは祝いの言葉も伝わりにくくなりもったいないです。
時々新郎新婦の顔を見て気持ちを伝えることが推奨されます。
また、最近は手紙と言う形にしてスピーチをすることが増えてきました。
手紙ならば読みながらでも全く問題ありません。

結婚生活では読書する習慣を身に付けましょう

読書することで多くの知識を身に付けることができるようになりますし、ストレスを軽減させることもできるようになります。
ですからなかなか自分の時間を多く持つことができないとされている結婚生活では、どんどん読書を行うようにしてみてはいかがでしょうか。
そうすれば自分の時間をもっと充実させることができるようになります。
ちなみに読書する際は自分の趣味や仕事に関係した本を読むようにしましょう。
それはどうしてかというと、実生活に活かすことができるようになりますから、読書する楽しさを知ることができるだけでなく、読書する重要性もしっかりと知ることができるようになるからです。
ちなみに夫婦で一緒に読書する時間を増やすことができれば、二人の仲はどんどん良くなりますし、さらに充実した時間を二人で過ごすこともできるようになります。
結婚生活を送る方や、実際に送っている方は読書する時間をどんどん増やすことを考えるようにしましょう。

最新記事